セラピストのプロフィール

 
小越 理子(rico)

 

保育士 

          BlueWinds認定 ピエタセラピスト

                           センセーションカラーセラピスト・ティーチャー
          

幼い頃は、感じやすく人の心に関心を持つ子どもでした。

家族間の葛藤、対人・視線恐怖、赤面症など

不安感の強い10~20代を過ごします。 


大きな転機は母親になったことでした。
ままならない長男の子育ての最中、
子育て支援センターで保育士さんと関わる中、その活動に魅力を感じ、

育児に奮闘するお母さんのサポートができたら・・・という思いで、
2002年、独学で保育士資格を取得。

 

その後長女の出産後あるきっかけでカラーセラピーを受け、
いかに自分が自分の心の声に耳を傾けていなかったか、

気づかされ、閉じていた何かが開くような衝撃を受けました。
 
カラーボトルを通すと不思議と自分自身を素直に見つめられる・・・

気になる色が潜在意識を映し出していることを知り、
色の奥深さに強く惹かれ、カラーセラピストになることを決意。

 

2009年、センセーションカラーセラピスト・ティーチャー取得。

同年9月カラーセラピーと一時保育のホームサロンをオープン。

各種イベントに参加、出店を通して経験を積みます。
自宅での託児や、イベント時の集団託児に従事。

その後放課後等デイサービスにて療育指導員として勤務(~現在)

途中2年間、札幌市子育て支援総合センターにて
通算4万人の親子さんと出会い、相談業務や講座を担当。

 

そんな中、インナーチャイルドという概念と出会い、
BlueWindsチャイルドセラピスト講座、

チャイルドセラピスト講座プロフェッショナルコースを受講。
BlueWinds初の認定『ピエタセラピスト』となりました。

 

お母さんの癒しが子ども・家族全体の幸せにつながることを、

私自身が時間をかけて再認識していく時間を過ごし、
自然と保育や子育てに心地よい変化が起き始めました。

 

私も、自分の二人の子どもを通して、様々な感情を感じてきました。
以前の私と違うのは、感情の対処方法を知り、実践を重ねてきたこと。
セラピストになるための学びは、
私が私として生きていくための学びそのものでした。

 

インナーチャイルドは頑なに凝り固まっている奥の感情であり、
いわば小さな自分が抱いてしまった勘違い、思いぐせのようなもの。
特別ではなく、みんなが持っているものです。
認識することで楽になり、自分らしさを発揮できる・・・
それをお伝えしたいという思いで活動しています。

 

凝り固まった感情は、誤魔化し重たいしこりのまま持ち続けると、
何度もメッセージのようにかたちを変えて、人間関係などに現れます。
意味を理解して対処法を知ることが、
【自分で自分をわかってあげること】につながり、
心を楽に生きるうえでの近道となるでしょう。


カラーとインナーチャイルドという独自のアプローチで、

自分を見つめ、日々実践することを大切に過ごしています。