セラピストのプロフィール

 
小越 理子(rico)

 

BlueWinds認定 ピエタセラピスト

                            センセーションカラーセラピスト・ティーチャー
          保育士

幼い頃は、感じやすく人の心に関心を持つ子どもでした。

家族間の葛藤、対人・視線恐怖、赤面症など

色々な問題を抱えながら不安感の大きな10~20代を過ごします。 

 

結婚、出産を機に自分を見つめ直し、

本当にやりたいことに気づき、 動き始めます。


ままならない長男の子育ての最中、
子育て支援センターで保育士さんと関わる中、その活動に魅力を感じ、

育児に奮闘するお母さんのサポートができたら・・・という思いで、
2002年、独学で保育士資格を取得しました。

 

その後長女の出産後あるきっかけでカラーセラピーを受け、
いかに自分が自分を大切にしていなかったか、

自分の本当の声に 耳を傾けていなかったか。

それに気づかされるという大きな体験をしました。

カラーボトルを通すと不思議と自分自身を素直に見つめられる・・・

気になる色が潜在意識を映し出していることを知り、
色の奥深さに強く惹かれ、カラーセラピストになることを決意します。

 

2009年『センセーションカラーセラピスト』

ティーチャー取得。

同年9月カラーセラピーと一時保育のホームサロンをオープン。

各種イベントに参加、出店を通して経験を積みます。
また、同時期に北広島市のファミリーサポートセンターに登録、
自宅での託児や、フリーでイベント時の集団託児を始めました。

 

そんな中、2011年5月より、児童デイサービス野いちご
(現・放課後等デイサービス。障がい児の療育の場)にて、

産休代替指導員として約1年間勤務する機会に恵まれます。

個性いっぱいの子ども達とのふれあいの中で、
子ども達と、そして自分と向き合いながら、
時にそれまでの価値観が音を立てて崩れるような、
日々貴重な経験にあふれた1年間を過ごしました。

 

そして2012年、念願だったBlueWindsチャイルドセラピスト講座、

チャイルドセラピスト講座プロフェッショナルコースを受講。
2013年3月、BlueWinds初の認定『ピエタセラピスト』となりました。

 

受講中は、ずっと自分自身のテーマとして抱えていた

「インナーチャイルド」について深く学ぶ充実の時を過ごし、

自ら長年抱えていたものを溶かしていくという大きな体験を通じて、

「自分の中のチャイルド」の存在に気づくことの大切さを実感。

講座の中で特に、お母さんの癒しが子ども・家族全体の幸せにつながる
ことを、時間をかけて再認識していくとともに、自然と保育や子育てに
心地よい変化が起き始めます。子育ても保育も、前よりずっと楽しい!

と感じる私になっていったのです。

 

私も、自分の二人の子どもを通して、様々な感情を感じてきました。
幼い頃から本当の思いに蓋をするくせがついていた私は、
自分を責めたことも多々あり、今も後悔がこみ上げる瞬間があります。
ただ、今が以前の私と違うのは、その自分の感情の対処方法を知り、
実践を重ねてきたということ。セラピストになるための学びは、
私が私として生きていくための学びそのものでした。

 

言葉の響きから、「よくわからない怖いもの」と思われがちですが、

インナーチャイルドは頑なに凝り固まっている奥の感情であり、
いわば小さな自分が抱いてしまった勘違い、思いぐせのようなもの。
特別ではなく、みんなが持っているものです。
認識することで楽になり、自分らしさを発揮できる・・・
それをお伝えしたいという思いで活動しています。

 

凝り固まった感情は、癒されず重たいしこりのままで持ち続けると、
何度もメッセージのようにかたちを変えて、人間関係などに現れます。
私自身、今も何層ものインナーチャイルドと向き合い続けていますが、

少しずつ心のしこりが溶けていくのを実感している今、

徐々に「それでいいんだ」「どんな感情もOK」と思えるように。
意味を理解して対処法を知ることが、
【自分で自分をわかってあげること】につながり、
心を楽に生きるうえでの近道となるでしょう。


 カラーとインナーチャイルドという独自のアプローチで、

ニュートラルに寄り添うセラピストとして、

自分を見つめ、日々実践することを大切に過ごしています。